ブログ更新:著名個人投資家2人が共通して重視する「ビジネスモデル」

2017年の読書活動を振り返る(保存版おまけつき)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

昨年2017年は157冊読了しました。

スポンサーリンク

紙と電子書籍の割合

圧倒的に電子書籍(Kindle版)の割合が高い一年となりました。157冊のうち紙で読んだ本は僅か32冊。率にして約2割です。この中には、6冊ほど友人の著者からご恵贈いただいたものが含まれており、これが無ければ本当はもっと少なかったことになります。

電子書籍で先行した米国などでは電子書籍は頭打ちだというニュースを目にしましたが、日本ではまだ市場拡大が続いており、私の読書活動でのKindle版のウエイトは8割から更にアップするかもしれません。

満足度

私は読んだ本全てについて、満足度を自己評価しています。具体的には「2018年⚫️冊目。満足度★★★☆☆」といった具合に★3をモード(標準:普通の評価)とした上で、満足度が上がれば★の数が最大5まで、そして最悪は★1の評価としています。

2017年の満足度の分布は以下の通りです。
満足度★★★★★:該当なし
満足度★★★★☆: 41冊(26.1%)
満足度★★★☆☆:103冊(65.6%)
満足度★★☆☆☆: 13冊(8.3%)
満足度★☆☆☆☆: 1冊(0.0%)

モードの星3つが一番多いですが、相対的に満足度が高い星4つの本も5冊に1冊程度の割合で出現。一方、読んで(買って)後悔する本もやはりありました。

良かった本の紹介は後日

上記満足度が高かった星4つの本の中から、いくつかピックアップして後日紹介する予定です。ちなみに、過去10年の紹介本をまとめてみましたので、ご参照ください。これが、「おまけ」です。

2008年から2017年までの10年間で読了した本の総数は1722冊。過去10年平均で「ほぼ2日に1冊」のペースで本を読んでいました。これは、自分への投資ですね。

I hope you like it.

『一流の人は、本のどこに線を引いているのか』に私が線を引いた箇所
元アマゾンのカリスマプロデューサーとして有名な土井英司氏の本の読み方に関する本を読了しました。 読書とは数千行の中から自分の未来を拓く「1行」を見つける行為 一冊の本にはたくさんの文章があるけれども、その全てに価値がなくても、た...
『天才たちの日課』の様な生活がしたい。
今日は少し前に読んだ『天才たちの日課』という本で知ったことについて書いてみたい。 カテゴリーは「書評(読書メモ)」の「投資本以外」にしたが、決してそういうものではない。 本の概要 本書の原題は「Daily Rituals」 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記