『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』が当月はイチオシ

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

【L】レバレッジ投資実践日記の管理人エルです。

毎月恒例ですが、読んで良かった本の月次の棚卸しです。

2月は1月(10冊)よりも更に減って8冊読了。ということで、分母は少ないですが、この中から個人的に比較的良かった本を3冊ピックアップしました。

<当月のピカイチ>


いきなり、最初から出し惜しみせず一番良かった本をご紹介。といっても、既にブログ記事にした本です。

この本は再読した本ですが、最初に読んだ時と同様に、私にとっては「値打ち」のある本でした。
詳細は以下の記事をご参照ください。

ちきりん『未来の働き方を考えよう』は若者も中年も読むべき好著
【L】レバレッジ投資実践日記の管理人エルです。アロフィフのおじさんです。今回kindleで再読した本で、個人的に今後の働き方...

<その他で良かった本>
ひとつは、稲盛和夫氏の『京セラフィロソフィー』。稲盛さんの本は、過去にたくさん読んでいるので、正直「意外感」や「驚き」はありません。でも、この本が彼の原点であり『生き方』や『アメーバ経営』の基となっており、読んで損はない本だと言えるでしょう。

そして、もう一冊。タイトルが中身を表していますが、メディアへの対峙の仕方を教えてくれる本です。我々が普段何気なしに読み聞きしているメディアの報道には、どの様な傾向(偏向と言っても良い)があるのか、何に気を付ければ良いのかを分かりやすく解説しています。本書を読むとメディアへの接し方が少し変化するかも。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。