債券でのインカムゲインはもはや期待できない

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

ついに、この時がやってきました。

マイナス金利政策の導入後、運用先に苦しむ本邦投資家が、僅かなインカムゲインを求め投資していた米国債券投資(為替ヘッジ付き)ですが、ついにマイナス金利を示現したそうです。

(参考)日本の投資家に兵糧攻め、為替ヘッジ付き米国債も初のマイナス利回り(Bloomberg)

日本の生保等機関投資家にとって、米国債はコアの投資先。この主戦場でも、為替ヘッジ後ではマイナス金利を甘受しないといけない事態が発生したことは一大事です。第一生命等の株価が安いのも理解できます。

日本の金融機関においては、従前から米ドルの調達コストアップで苦しんでいましたが、マイナス金利導入後はこれが一層深刻化しています。

メーカーに例えれば、原料コストに相当するドル資金調達コストがアップする一方で、トップラインを左右する販売価格(運用利回り)が負の値となる異常事態。

常識的に考えれば、こうした状況が未来永劫続くはずはないのですが、「いつ」「何をきっかけ」として、状況が改善されるのか。全く先が読めません。

内外の金融機関の経営問題が、今後大きなニュースとなること必至です。

そして、債券での運用ができないとなれば、資金は自ずと株式に向かわざるを得ないのではないでしょうか。疑似「債券」の様な高い配当利回りの株式や、値動きが穏やかな生活必需品セクターの株式が選好されると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。